表情しわに有効なボトックス注射【ダウンタイムがないのも魅力】

サイトメニュー

アフターケアが大事です

顔に触れる女性

当日は安静に過ごす

美容医療の中でも特にボトックスは体の負担が少ない施術でありながら、様々な美容効果を得られることで人気です。注射だけの施術ですので、当日に帰宅することができますが、やはり術後には気をつけなくてはいけないことがあります。体への負担が少ない治療ですが、ある程度の腫れや赤みなどはあるということは理解しておきましょう。血行を良くする行為は腫れや赤みを強くしてしまう傾向にありますので、安静に過ごすことがおすすめです。そして注入部位が気になって、つい触ってしまいがちですが、治療部位を強めにこすってしまうと薬剤が広がり、効果にも影響が出てしまう可能性があります。普段のお手入れで美容マッサージなどを行っている人も術後はしばらくは控えておきたいところです。そして寝ている間は無防備になりがちですが、うつ伏せに寝るクセがある人も枕で注射した箇所が圧迫されて薬が拡散してしまう可能性があります。それからレーザーや高周波の治療をしている人もボトックスの術後はしばらくはそうした施術を避けることとなります。ボトックスはシワの改善やエラを小さくする治療など様々な美容の悩みに対応してくれます。治療は注射だけですので、体への負担も少なく、治療が終われば帰宅することができます。体への負担が少ない治療ですが、やはり当日は注意しなくてはいけないこともあります。ボトックス注射に限らず美容医療を受けたあとはある程度の腫れ、痛みや内出血などがありますが、飲酒や激しい運動、サウナや長い入浴など血行を良くする行為は腫れや痛みを強くする傾向にあります。それゆえ、当日はお酒や長い入浴は控えておきます。メイクや洗顔は当日から行うことができますが、クレンジングや洗顔の際に肌を強くこするようなことは避けましょう。さらに美容マッサージなどで施術箇所を強くこすってしまうことも、薬剤が他の部位に拡散することにつながります。そうなるとせっかく施術を受けたにもかかわらず良い結果が得られない、仕上がりに影響が出てしまう可能性もあります。当日はもちろん、しばらくはマッサージなどの肌をこする行為は避けたほうが無難です。

Copyright© 2018 表情しわに有効なボトックス注射【ダウンタイムがないのも魅力】 All Rights Reserved.