表情しわに有効なボトックス注射【ダウンタイムがないのも魅力】

サイトメニュー

顔に触れる女性

簡単こそが最大の魅力

ボトックス注射の良いところはその「お手軽さ」にあります。短い期間での治療で済むことがほとんどなので費用も安くできます。ボトックス自体には小顔整形以外にも様々な効果が期待できます。自分に合った使い方を探してみましょう。

詳しく見る

顔に触れる女性

小顔にする矯正施術の成功

ボトックス注射をしてくれる病院を探す際には、大手で国産の薬剤を使ってくれるところであり、最初にカウンセリングを行ってくれるところが信用できます。施術完了まで早いのがボトックスですが、終わった後のアフターケアも適切に行ってもらうべきです。

詳しく見る

注射

準備とカウンセリング

ボトックス注射を受ける時は予約が必要です。医師の技術や金額など良く下調べをしてから予約するようにします。カウンセリングは説明を聞いて不安を取り除く事が出来るのでとても重要です。どんな顔になりたいかのイメージもしっかり伝えます。

詳しく見る

医者

料金はどのくらいが目安

ボトックス注射にかかる費用は20,000円から50,000円が目安で、初診料に1,000円から3,000円かかります。自由診療なのでこれらの費用に消費税が加算されます。1週間しても効果が現れない場合、タッチアップを受けられるのが一般的です。

詳しく見る

顔に触れる女性

アフターケアが大事です

ボトックスは注射だけで高い美容効果が得られると人気の施術です。体に負担の少ない治療ですが腫れや痛みを抑えるためにも当日は血行を良くする飲酒や激しい運動は避けること、施術した部位をこすったりしないよう注意が必要です。

詳しく見る

何が魅力で人気なのか

水着姿の女性

無表情になることは減った

ダウンタイム不要のプチ整形は幅広い年代から支持を得ており、2009年に眉間の表情ジワを解消するとして認可されたボトックス注射も、すっかり人気が定着しています。2016年には、眉間に続いて目尻の表情ジワへの効能が追加承認されました。笑顔は素敵なものですが、シワが沢山できると老けて見えますし、定着して深いシワが刻まれる可能性もあります。ボトックス注射は少しでも若く見られたい女性が好んで受けていることが多いものの、予防の意味を込めて若い内から行っている人もいます。注射は1ヵ所につき5分程度と短時間で済むので、忙しい人も受けやすいのがメリットです。内出血の可能性はあるものの、ダウンタイムがないのも魅力です。ボトックスが眼瞼痙攣の治療薬として国内で認可を受けたのは1997年、既に20年以上の時を経ました。眼科や整形外科などの治療に用いられていることも、安心感を与えているのかもしれません。他の診療科でも活用が広がっていますが、美容医療でも活用部位が増加しており、医療界では今後も利用者が増えることが期待されています。表情ジワは表情筋が動くことでできるシワですから、表情筋を動かさなければシワはできません。しかし、無表情でいるのは難しいですし、人生が味気ないものになる可能性があります。ボトックスは、注射することで表情筋を動かさなくする、つまり根本的解決が可能です。表情筋を動かすには神経伝達物質のアセチルコリンが分泌されるのが必要ですが、この分泌を抑えることで動きを抑えます。動かなくなった表情筋は弱体化し、シワが固定されることがなくなるため、シワの解消や予防になるのです。美容医療で効果が承認される以前から、医師は個人輸入にてボトックスを入手し、患者に注射を行ってきました。しかし、その頃は正しい施術方法などが確立されておらず、医者は独自の感覚で施術してきたといわれています。そして当時から多くの海外セレブが注射を受けてきましたが、表情が動かなくて不自然、ということが多々ありました。でも近頃では施術方法が確立され、製剤会社でも講習などをしっかり行っていることから、表情が不自然になるということは減っています。

Copyright© 2018 表情しわに有効なボトックス注射【ダウンタイムがないのも魅力】 All Rights Reserved.